酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

大谷翔平の兄も選手って知ってた?
なぜか大物兄弟が少ないNPB。 

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/11/29 07:00

大谷翔平の兄も選手って知ってた?なぜか大物兄弟が少ないNPB。<Number Web> photograph by Kyodo News

ここ近年最も愛されたのは「新井兄弟」。弟・良太(左)が今季限りで引退したが、阪神時代の貴浩とチームメートになったことも。

「喝!」の大沢親分、実は末弟だった。

 続いては「大沢3兄弟」。彼らについて、今や知る人も少ないかもしれない。

長兄:大沢清 5316打数1439安打 46本塁打669打点 打率.271
次兄:大沢紀三男 1勝1敗 防御率3.35
末弟:大沢啓二 2075打数501安打 17本塁打191打点 打率.241

 元祖「喝!」の大沢親分だが、16歳上の長兄・大沢清には頭が上がらなかった。大沢清は草創期の名古屋(現中日)、東急、大洋、広島で活躍。二塁打が多く、1リーグ時代では川上哲治に次ぐ名一塁手だった。引退後、国学院大学教授になっている。

 ちなみに大沢親分は南海の外野手。快速で守備範囲が広かった。立教大で長嶋茂雄の2学年上、長嶋を南海に勧誘した逸話もある。

 話は戻るが、日本で兄弟選手がそろって活躍しないのは、「何かと兄弟を比較したがる」風習があるからかもしれない。兄が弟より出来がいいと「賢兄愚弟」、反対だと「愚兄賢弟」と言われる。ほっといてやれよと言いたくなるが、日本人はそういうのが気になるのだ。

 昔の商家は跡取りの長男に家を継がすと、弟には別の商売をさせたという。兄弟が同じ商売で争うのは良くないと考える風習もあったのも、影響しているかもしれない。

大谷翔平の6歳上の兄、龍太は独立リーグを経験。

 そういえば今をときめく、大谷翔平も「兄弟選手」なのをご存じか?

兄:大谷龍太 277打数60安打 4本塁打23打点 打率.217(四国アイランドリーグplus)
弟:大谷翔平 1035打数296安打 48本塁打166打点 打率.286、42勝15敗 防御率2.52

 兄・龍太は翔平の6歳上。前沢高校から地元野球クラブを経て四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスで2年間、外野手としてプレー、その後、トヨタ自動車東日本でコーチ兼外野手として活躍している。兄も187cm87kgの大型選手だ。

 そのキャリアは弟のように華やかではないが、地道に経験を積んでいることがわかる。弟翔平はいま、人生の岐路に立っているが、こういう兄がいるのは心強いことだろう。良いアドバイスを送っているのではないか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
大谷翔平
新井貴浩
金田正一
ジョー・ディマジオ
レオン・リー
大沢啓二

プロ野球の前後の記事

ページトップ