Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

オグリキャップとホーリックス。
ジャパンカップ「2.22.2」の伝説。 

text by

江面弘也

江面弘也Koya Ezura

PROFILE

photograph byJRA

posted2017/11/26 08:00

オグリキャップとホーリックス。ジャパンカップ「2.22.2」の伝説。<Number Web> photograph by JRA

ゴールまで400mの地点で9番人気のホーリックスが先頭に立った。それをオグリキャップが必死に追走するも、クビ差及ばなかった。

瀬戸口は「ほんと、よう走った」と何度も口にした。

「ほんと、よう走ったと思うよ」

 瀬戸口は28年前のレースを思いだしながら、何度もそう口にした。

「あれが、うしろのほうだったら批判が多くなったと思う。2着だから、だれも連闘が響いたとは言えなかった。悔しいけど、よう走った」

 そして瀬戸口は「結果論だが」と前置きしながら、あのジャパンカップに限ればマイルCSを使ったことがいい結果につながったのかもしれない、とも言う。

「あとになって、いいほうに考えるとね、マイルを使っていたから、スピードに乗って前に行けたのかなと思う。ペースが速かったから、ちょっと前過ぎるかなと思ったけど、前の馬が残っているからな」

「芦毛、芦毛の(2)(2)で、2分22秒2」

 と、黒い帽子の芦毛2頭が抜け出してきた直線をわたしたちは思いだす。逃げるホーリックス、首を低く下げ、懸命に前を追うオグリキャップ。モノトーンの記憶のなかに声がきこえる。

 オグリキャップ、頑張れ!

(Number937号「秋競馬最速最強レコード伝説。1989年 ジャパンカップ戦前の予想を覆すオグリキャップとホーリックスの死闘。」より)

関連記事

BACK 1 2 3 4
オグリキャップ
ホーリックス
瀬戸口勉
大川和彦

競馬の前後の記事

ページトップ