Number ExBACK NUMBER

2年目のサンウルブズ公式ガイド
「Tシャツちょうだい!!」制作秘話。

posted2019/02/21 10:30

 
2年目のサンウルブズ公式ガイド「Tシャツちょうだい!!」制作秘話。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

Number PLUS「逆襲の狼」には見開き一杯でこの「Tシャツちょうだい」が印刷されている。ぜひ的にどうぞ。

text by

朴鐘泰(Number編集部)

朴鐘泰(Number編集部)Park Jong Tae

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

 こんなのあったら楽しいんじゃない? 去年、秩父宮でサンウルブズの試合を観ながら、こう思った。

 厳密に言うと、ハーフタイムである。試合に登録されなかったノンメンバーの選手、あるいはゲストによる「Tシャツバズーカ」という恒例イベントが行われる。サンウルブズのオリジナルTシャツが入ったカプセルがバズーカによって観客席に放り込まれ、ファンたちは嬉々としてキャッチを試みるのだ。

 その光景を見守りながら、いいなあ、僕もTシャツ欲しいなあ、とは思いつつも、記者パスをぶらさげたおっさんが観客席まで降りて行って、キャッキャしながらファンの皆様の中に混じるわけには決していかない。

 あれから1年が経ち、昨年に続いて今年もサンウルブズ公式ガイド「逆襲の狼」を刊行することになった。昨年のガイドを持参したファンを秩父宮でよく見かけ、選手全員を特撮したギャラリーページに選手がサインするシーンを見かけるたびに「つくってよかった」と、ひとりほくそ笑んだものだった。

Tシャツバズーカの「的」を作ろう。

 だから今年もファンの皆様に楽しんでもらえる1冊にしたい、という思いから、一見広告だか何なのか、ワケの分からないページ(写真そのまま)をつくってみた次第である。

「Tシャツちょうだい!!」、その名のとおり、Tシャツバズーカが始まったら、このページを広げて、大いにはしゃいでくださいね、ということだ。

 また、サンウルブズには外国籍選手が多く、カタカナ・ひらがなを読めない選手もいると思うので、「AIM HERE(ここ狙って)」と、文字サイズを少しでも大きくするために、最小限のアルファベットで意図を表現したつもりである。

「もっと大きいほうがいい」という至極真っ当なご意見もあるかと思うが、文字通り紙の幅には限りがあるので、このサイズでどうかご容赦いただきたい。なお、より見えやすさを追求して、このページのフォント(書体)は交通標識のものを使用している。

【次ページ】 名鑑としても、的としても。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

サンウルブズ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ