プロ野球亭日乗BACK NUMBER

広島の手堅さか、DeNAの強攻策か。
2番打者を巡る価値観対決、軍配は?

posted2017/10/18 12:15

 
広島の手堅さか、DeNAの強攻策か。2番打者を巡る価値観対決、軍配は?<Number Web> photograph by Kyodo News

ラミレス監督が求める攻撃的2番打者像を体現する梶谷隆幸。三振も多いが、爆発力は目を見張るものがある。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 勝負は1回だった。

 初戦は阪神、泥田のような雨中の戦いとなった第2戦はDeNAが制して迎えたセ・リーグ、クライマックスシリーズ(CS)のファーストステージ第3戦。DeNAのアレックス・ラミレス監督がいきなり、攻めた。

 1回先頭の桑原将志外野手が四球で出塁した無死一塁。もちろん確実に先取点を奪いに行くなら送りバントの場面だった。しかし指揮官は、あえて2番の梶谷隆幸外野手に強攻させたのである。

 この強気の策に応え、梶谷が右前安打で繋いで一、三塁。ここで3番ホセ・ロペス内野手の先制左前適時打からの連続攻撃でいきなり3点を奪って、阪神先発の能見篤史投手をKOした。

「選手たちはネバーギブアップで戦ってくれた。初戦は負けたけど、次に勝てばいいと。こういう状況で何をすればいいか分かっている」

 ラミレス監督が「理想」と掲げ起用し続けてきた攻撃的2番打者・梶谷が機能した初回の攻撃。指揮官の意図を選手がきっちり受け止めて結果に結びつけて、DeNAは2年連続でファイナルステージへの進出を決めた。

攻撃的な采配が裏目に出た苦い思い出。

 ただ、昨年と同じ広島を相手にする戦いには、苦い記憶が蘇る。

 実は昨年の広島とのファイナルステージでも、今年のファーストステージ第3戦と同じシチュエーションがあったのだ。

 巨人を破って駒を進めた第1戦だ。

 1番・桑原、2番・梶谷という打順の並びも一緒だった。そしていきなり桑原が四球を選んで出塁して、指揮官が梶谷に強攻策を命じたところも同じだった。

 ただ、違ったのは結果である。

 1ボールからの2球目を打った梶谷の打球は二遊間に転がった。これを捕球した遊撃手の田中広輔からボールは6-4-3と転送されて、広島の併殺網に引っかかってしまった。ラミレス監督の攻撃的な采配が裏目に出て、DeNAは初回先制の絶好のチャンスを潰してしまったのである。

【次ページ】 昨年は理想を放棄してしまった。今年は――。

1 2 3 NEXT
阪神タイガース
横浜DeNAベイスターズ
アレックス・ラミレス
梶谷隆幸

プロ野球の前後のコラム

ページトップ