今日も世界は走っているBACK NUMBER

出雲駅伝の途中棄権はなぜ起きたか。
金哲彦が分析する、駅伝の特殊さ。 

text by

金哲彦

金哲彦Tetsuhiko Kin

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/10/18 07:30

出雲駅伝の途中棄権はなぜ起きたか。金哲彦が分析する、駅伝の特殊さ。<Number Web> photograph by Kyodo News

13時05分にレースがスタート。午後の陽射しは強く、季節はずれの暑さとなった。

駅伝人気が引き起こす「プレッシャー」ゆえの悲劇。

 箱根駅伝で過去に起きた途中棄権の要因は大きく2種類に分けられる。

 1つ目は、肉離れや疲労骨折などの外科的アクシデント。

 2つ目が、脱水、低血糖、低体温などの内科的アクシデントだ。

 今回の出雲駅伝で起きたアクシデントの要因は後者であり、気温などの外的要因の対策をとったとしても、駅伝独特のプレッシャーという内的要因は容易に取り去ることはできない。

 途中棄権は、選手とチームにとっては悲劇以外の何ものでもない。アクシデントは起きない方がいい。

 しかし、駅伝人気が高まるにつれて肥大化するプレッシャーという内的要因が拭い去れない限り、悲劇が再び起きる可能性はあると言わざるを得ないのだ。

<秋のランニング特集>走るのが好き、追い込むのが好き。

関連記事

BACK 1 2 3
法政大学
岐阜協立大学

陸上の前後の記事

ページトップ