フランス・フットボール通信BACK NUMBER

サッカー界の英雄が麻薬絡みで破産!?
殺人件数2位メキシコ、その闇の深さ。 

text by

トマス・グバン

トマス・グバンThomas Goubin

PROFILE

photograph byPatrick Boutroux/L'Equipe

posted2017/09/04 08:00

サッカー界の英雄が麻薬絡みで破産!?殺人件数2位メキシコ、その闇の深さ。<Number Web> photograph by Patrick Boutroux/L'Equipe

世界で2番目に殺人事件の多い国のサッカー場。リーガメックスのクラブには、スタジアム内だけでなく、その外の世界でも警察が目を光らせている。

偉大なる選手の栄光が、すべて終わった日。

 1部所属で処罰の対象となったクラブは「ショロス・ティファナ」だけであった。

 このチームはオーナーであるホルヘ・ハンク・ローンが、ティファナカルテルの麻薬取引に関わっているとして、アメリカのDEA(麻薬取締局)とFBIから訴追されている。

 2011年にクラブが1部に昇格した際には、88個にもおよぶ武器がその本拠から押収された。オーナーのホルヘ・ハンク・ローンはティファナの元市長であり、メキシコ最大の政党であるPRIの大立者の息子でもあった。それほどの大物でも、結局は捜査の追及からは逃れられなかったというわけだ。

 メキシコの英雄ラファエル・マルケスも、自分は大丈夫と高をくくっていたのかもしれないが……見通しが甘かったと言わざるを得ない。

“ミチョアカンのカイザー”の偉大なキャリアは、8月9日をもって幕を閉じたのだった。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ラファエル・マルケス
ダヴィッド・メンドーサ
サルバドール・カバニャス
ハビエル・エルナンデス
ハレド・ボルヘッティ
オマール・オルティス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ