詳説日本野球研究BACK NUMBER

2017年のドラフト1位候補は4人!
清宮、中村、安田、田嶋は重複必至。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/09/02 11:30

2017年のドラフト1位候補は4人!清宮、中村、安田、田嶋は重複必至。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

甲子園を覆った打高投低の流れは、ドラフトでも続きそうだ。清宮、中村、安田の3スラッガーは1位指名確実と言える。

大学生の層が薄く、1位は社会人or高校生か。

 外れ1位候補に名をつらねるのは石川翔(青藍泰斗高・投手)、清水達也(花咲徳栄高・投手)、本田仁海(星槎国際湘南高・投手)、馬場皐輔(仙台大・投手)、鍬原拓也(中央大・投手)、東克樹(立命館大・投手)、鈴木康平(日立製作所・投手)、永野将司(Honda・投手)、鈴木博志(ヤマハ・投手)たちだ。

 今年は大学生に人材が少なく、とくに名門の東京六大学、東都大学リーグにいない。社会人は田嶋以外でも鈴木康、永野、鈴木博と揃っているので、投手が緊急に欲しいヤクルト、日本ハム、オリックス、ロッテは外れ1位で社会人投手、少し余裕があるソフトバンク、巨人、阪神は外れ1位で高校生投手に向かう可能性がある。

 高校生投手に目を向けると、石川、清水、本田はいずれもストレートが150キロ超えないしは150キロに迫る剛腕で、石川、本田はスライダー、清水はフォークボールのキレにも定評がある。他には阪口皓亮(北海高・投手)、櫻井周斗(日大三高・投手)、金成麗生(日大三高・投手)、山本拓実(市西宮高・投手)、田中瑛斗(柳ケ浦高・投手)、川端健斗(秀岳館高・投手)など素質豊かな投手陣が控えているので、予想外に高校生投手に向かう球団が多いかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
清宮幸太郎
中村奨成
安田尚憲
田嶋大樹

プロ野球の前後の記事

ページトップ