オリンピックPRESSBACK NUMBER

多田修平の人生が変わった瞬間。
ゆるい雰囲気の裏には負けず嫌いが。 

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/08/21 07:00

多田修平の人生が変わった瞬間。ゆるい雰囲気の裏には負けず嫌いが。<Number Web> photograph by AFLO

2017年が始まった時の多田修平は大学日本一ではあったが、世界はまだはるか遠くだった。この1年は彼の人生を大きく変えたに違いない。

「最近の若い子は物怖じしないよね」

 多田の川崎出場が決まったのは、直前だった。有力外国人選手、そして有力日本人選手でレーンは埋まっていたため、多田は春先の試合で好タイムを出していたがそこに名前はなかった。しかし直前で欠場者が出たこともあり、急遽出場が決定。準備期間はわずかだったが心身ともにコンディションを合わせ、持てる力を十二分に発揮したレースをみせた。

「ガトリン選手が自分のことを褒めてくれているのをニュースで見ました。うれしかったです」

 多田はGGP川崎を「人生が変わったレース」と表現したが、「人生を変えたレース」をしたのは多田自身だった。

 6月の全米選手権の際に、日本選手権の100mの結果を教えるとガトリンは笑顔を見せた。

「そうか、タダも(代表に)入ったのか」

 自分が目をつけた選手が世界に羽ばたくことが嬉しそうだった。

「最近の若い子は物怖じしないよね。サニブラウンもそうだけど、タダやケンブリッジも自分やボルトと一緒に走っても全然ビビらない。昔はビッグネームと走るとき、萎縮する若い選手が多かったんだけど」

日本選手権決勝が、21歳の誕生日という運。

 サニブラウンやケンブリッジは世界陸上や五輪、ダイヤモンドリーグなどを経験しているが、多田にとってGGP川崎は初めての国際試合だった。そこでガトリンをはじめ、代表レベルの選手たちと競い合えたことが大きな自信になり、その後追い風参考記録ながら国内初の日本人9秒台を記録するなど、絶好調で日本選手権に出場。予選から自信にあふれたレース運びで、決勝ではサニブラウンに続き2位に入り、ロンドンへの切符を手にした。

 日本選手権の100m決勝が行われた24日は、偶然にも多田の21歳の誕生日でもあった。シンデレラボーイと呼ばれる多田の運を引き寄せる力は目を見張るものがある。

【次ページ】 ゆるい雰囲気の裏には、負けず嫌いな顔が。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

多田修平
ジャスティン・ガトリン
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ