フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

羽生結弦の不滅の名プログラム、
『SEIMEI』で再び五輪へ挑む理由。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/08/18 08:00

羽生結弦の不滅の名プログラム、『SEIMEI』で再び五輪へ挑む理由。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

昨シーズンと比べても、一段とキレが増し、大人びた印象となった羽生。平昌五輪では1952年以来となる五輪連覇がかかる。

4回転を5度組み入れ、究極の難易度を目指す!!

 プログラムこそ以前に使用したものだが、予定しているジャンプ構成はリサイクルではない。2年前から比べて、1レベルも2レベルも進化したものだ。

 冒頭に4ループを入れることはもちろん、合計5度の4回転のうち3本をプログラムの後半に持ってくるという、究極の難易度である。

 公開練習で見せた彼のアップグレード版『SEIMEI』は、圧倒されるような迫力があった。

 なるほど、振付は気持ちが良いほどすっかりこなれているだけに、ステップ、スピン、などどこをとっても2年前の羽生より格段にパワーアップされていることが明白に見て取れる。

 そして4ループ、4サルコウ+3トウループ、4トウループ+1ループ+3サルコウなど、驚くほど軽々ときれいに決まっていった。今からこんなに調子が良くて、逆に大丈夫なのだろうかと思いたくなるほど、ジャンプのきれが良い。

 振付の内容自体にはほとんど手をつけていないというが、このジャンプ構成を最後までスピードを保って演じきったなら、前回とは別次元の新『SEIMEI』になるだろう。

 このプログラムを完璧に滑った2年前の羽生を、多くのライターが「神がかった演技」と表現したが、今シーズンはさらにそれをパワーアップさせた、凄まじいものが見られそうである。

来週が試合でも、ほぼ大丈夫とオーサーコーチ。

「ユヅはすごく良く調整が出来ている。たとえ来週が本番だとしても、ほとんど準備が出来ていると言っても過言ではないくらい、全ての調子が良いです」と、ブライアン・オーサーコーチは満足そうに語る。

 オーサーと共同で羽生を指導してきたトレイシー・ウィルソンも、新シーズンに向けての展望をこう口にした。

「とても楽観的に考えています。ユヅは身体的にも、精神的にもとても強くなった。日々一生懸命練習しているだけでなく、その過程を楽しんでいる。彼は自分が世界最高スコアを持っていようとも、決して同じ場に留まろうとしない。以前とまったく同じハングリー精神を保っている。そのことが、本当に素晴らしいことだと思うの」

 この4年間、すごいスピードで進化していった男子のフィギュアスケート。

 それを牽引してきた羽生結弦の新たな挑戦が、また始まろうとしている。

 初戦は9月にモントリオールで開催されるオータム・クラシックになる予定だ。

関連コラム

BACK 1 2 3
羽生結弦
ブライアン・オーサー
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ