スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

ボルト不安説と新鋭の台頭、日本勢。
世界陸上100mは世紀のレースに! 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/08/04 06:30

ボルト不安説と新鋭の台頭、日本勢。世界陸上100mは世紀のレースに!<Number Web> photograph by Kyodo News

サニブラウンや多田、ケンブリッジと個人でも期待が高まるメンバーがそろった。ボルトとともに大一番のスタートラインに立つ選手は出るか。

ボルトを止めるとすれば、ガトリンら米国勢か。

 このボルトのタイムは、オリンピック、世界選手権を前にした段階としては、過去10シーズンで最も遅い。たしかに前哨戦となったダイヤモンド・リーグでは、身体がフィットしている感じがなく、スタートも緩慢な動作が目立った。

 それでも、ロンドンでの会見でボルトらしい「ビッグマウス」ぶりが発揮されたということは、かなり状態が上向いてきたと見るべきだろう。

 ライバルたちにとっても、今回が「ウサイン・ボルトを倒す最後のチャンス」ということになり、期するものは大きい。ボルトを止めるとするならば、やはりアメリカ勢ということになるだろう。

 日本ではガトリンの知名度が高いが、全米選手権で今季自己最高となる9秒95をマークし、ボルトから称賛を受けたほど。これまでの世界選手権では、先行しても最後はボルトに抜かれる「引き立て役」に甘んじてきたが、果たして100mを淀みなく走り切ることが出来るだろうか。ガトリンは、ボルト相手だとラスト20mを切ってから力むクセがどうしても抜けない。

175cmの小柄なスプリンター、コールマンは前半型。

 そしてもうひとり、売り出し中の若手が今季世界最高をマークしているコールマンだ。

 コールマンは身長175cmとアメリカのスプリンターとしては小柄だが、スタートに関してならガトリン以上の爆発力がある。スタートで飛び出し逃げ切るのがレースパターンだが、後半型のボルトとの対決が楽しみだ。ただし、国際経験が少なく、果たしてラスト20mをきっちりクロージングできるかという点については、ガトリン同様に疑問符がつく。

 アメリカのふたりに加え、ボルトにとって同胞のブレイクも絡み、役者が揃った「世紀のレース」になる可能性は高い。

【次ページ】 日本勢初は9秒台の前に、まずは準決勝進出を!

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ウサイン・ボルト
サニブラウン・アブデル・ハキーム
多田修平
ケンブリッジ飛鳥

陸上の前後のコラム

ページトップ