スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

ボルト不安説と新鋭の台頭、日本勢。
世界陸上100mは世紀のレースに! 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/08/04 06:30

ボルト不安説と新鋭の台頭、日本勢。世界陸上100mは世紀のレースに!<Number Web> photograph by Kyodo News

サニブラウンや多田、ケンブリッジと個人でも期待が高まるメンバーがそろった。ボルトとともに大一番のスタートラインに立つ選手は出るか。

日本勢初は9秒台の前に、まずは準決勝進出を!

 そして、日本のサニブラウン・アブデル・ハキーム、多田修平、そしてケンブリッジ飛鳥がどんな走りを見せてくれるのかも楽しみだ。

 日本国内では9秒台への期待が大きいが、私個人としては準決勝進出を望みたい。一本でも多く一線級のスプリンターとレースをすることが大きな財産になるはずだ。準決勝ともなれば自然とタイムも上がり、9秒台も現実的なものとなってくる。

 100mはわずか10秒ほどの争いだが、そのなかには多くの物語が詰まっている。

 多田のスタートから40m付近までの加速。今季、まだベストの走りとは程遠いケンブリッジが、後半の伸びを取り戻せるか。

 そして、底知れぬ可能性を秘めるサニブラウンが100mだけでなく、200mでもどんなレースを見せてくれるのか。世界選手権の舞台で、国際的に一気にブレイクスルーする可能性もある。

 男子100m決勝は、ロンドン時間の5日土曜日、夜9時45分(日本時間6日朝5時45分)にスタートする。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ウサイン・ボルト
多田修平
ケンブリッジ飛鳥
サニブラウン・アブデルハキーム

陸上の前後のコラム

ページトップ