Number PLAYBACKBACK NUMBER

女子マラソン安藤友香&清田真央。
「世界はそんな遠くない」の根拠。 

text by

柳橋閑

柳橋閑Kan Yanagibashi

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2017/08/02 11:00

女子マラソン安藤友香&清田真央。「世界はそんな遠くない」の根拠。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

2人はスズキ入社後に里内コーチと作り上げた独特のフォームで、世界の強豪に肉薄できるだろうか。

ターニングポイントとなった、1月の宮崎合宿。

 もうひとつのターニングポイントとなったのが、1月の宮崎合宿だった。30kmの変化走の中盤、安藤の心が折れたことを見てとった里内は、1kmにわたって並走し、安藤の腰を押し続けた。それで目覚めた安藤は前を行く清田に追いつく。その経験が安藤に「マラソンを走れる」という確かな手応えを与えた。レース1カ月前の40km走では2時間17分台をマーク。積み重ねた練習の成果を確認することができた。

 キルワと競っているのはフロックではない。それだけの裏づけと自信を持って臨んだレースだったのだ。

 ただ、唯一の誤算は33km地点の急坂だった。キルワがそこでスパートをかけることは想定内。だが、その切れ味が鋭すぎた。それまでいっさい表情を変えなかった安藤の口元が初めて歪んだ。

「ずっと冷静に走っていたのに、あのときだけ焦ってしまって、フォームが崩れてしまいました。でも、キルワが1km3分15秒までペースを上げていたので、さすがにしょうがなかったと思います」(里内)

「気持ちを切らすな! 粘っていけば勝機は絶対ある」

 里内が「気持ちを切らすな! 粘れ! 粘っていけば勝機は絶対あるぞ」と声をかけると、再び安藤にリズムが戻る。

 しかし、その直後の右コーナー。キルワは大外から回り込むように、だめ押しのスパートをかける。安藤は最短コースをとって追いすがるが、約6秒の差をつけられてしまう。

「それでも、キルワを追いかけることしか考えてなかったです。諦めないかぎりは必ず勝機はあると思って、前だけを見ていました。そうやって走っているうちに、景色がゆっくり流れるようになって、不思議な感覚に包まれました」

 極度に集中する中で、“ゾーン”や“フロー”と呼ばれる精神状態に入っていたのだろう。

 キルワの19秒後、ゴールに駆け込んだ安藤は、号泣しながら里内の胸に飛びこんだ。

「1番でゴールしたかったんですけど、それはかなわなくて、でも日本人トップで、目標タイムもクリアできた。いままで苦しかったことや、いろんな人を困らせてきたこと、いろんな思いがいっぺんにワーッとやってきて……あんな気持ちになったのは初めてでした」

【次ページ】 「目標は東京でのメダル。世界陸上を通過点に」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

安藤友香
清田真央
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ