スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

サマートレードと意外な名前。
マエケンのドジャースの狙いは? 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/07/22 09:00

サマートレードと意外な名前。マエケンのドジャースの狙いは?<Number Web> photograph by AFLO

前田、カーショーと盤石の投手陣を軸に首位を走るドジャース。しかし世界一をめざすためには補強はマストとなる。

他の有力球団の動きも予断を許さない。

 では、他の有力球団はどうだろうか。

 レッドソックスは、3年間鳴かず飛ばずに終わったパブロ・サンドバルに見切りをつけ、トッド・フレイジャーの獲得に動いていたが、ヤンキースにさらわれてしまった。となると、マーティン・プラド(マーリンズ)かデヴィッド・フリース(パイレーツ)、あるいはヤンヘルビス・ソラルテ(パドレス)が代替候補か。三塁手が欲しいことはまちがいないので、意外な名前が浮上してもおかしくはない。

 今季のサプライズ球団ブルワーズは、二塁手が欲しい。ジョナサン・ヴィラーの打率が低い(2割1分9厘)ままだと、ブランドン・フィリップス(ブレーヴス)やジェド・ラウリー(アスレティックス)に触手を伸ばす可能性がある。

 いずれにせよ、今季のペナントレースもあと10週間の勝負だ。ポストシーズンを見据えた動きは、まだまだ活発になっていくだろう。まともに行けば、ワールドシリーズはドジャースとアストロズの頂上対決が予想されるが、ナショナルズの先発トリオと打線の破壊力は侮りがたいし、カブスやレイズやダイヤモンドバックスなど、終盤戦で一気に追い上げてきそうなチームの存在も無視できない。最後の直線で、叩き合いが見られると面白いのだが。

関連記事

BACK 1 2 3
前田健太
ロサンゼルス・ドジャース

MLBの前後の記事

ページトップ