オリンピックへの道BACK NUMBER

同じ曲がノーリスクとは限らない?
フィギュア新シーズン前の動向は。
 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/07/20 08:00

同じ曲がノーリスクとは限らない?フィギュア新シーズン前の動向は。<Number Web> photograph by AFLO

プリンスアイスワールドで熱演を見せた本田。プレシーズンとはいえ、1つひとつの滑りが冬の本番へとつながる。

5月、氷上に復帰した宮原知子は「蝶々夫人」に。

 動向、ということで言えば、宮原知子を忘れるわけにはいかない。昨シーズンの後半を欠場した宮原は、7月2日、関西大学のたかつきアイスアリーナで行なわれたアイスショーで、約5カ月ぶりに滑りを披露した。

 4月はそのほとんどを東京・西が丘のJISS(国立スポーツ科学センター)で過ごしてリハビリに励み、5月に氷上に復帰した。

 ショートプログラムは7月3日にカナダに向けて出発し、振付師ローリー・ニコルのもとで作る。フリーは『蝶々夫人』を選んだ。フィギュアスケートではなじみの曲だ。

「『宮原知子の蝶々夫人』と言われるような演技ができたら」

 衣装のデザインを初めて自分で手がけたという。その1点にも、新しいシーズンへの気持ちが表れている。

 五輪シーズンの開幕へ向けて、選手たちは準備に余念がない。

関連コラム

BACK 1 2 3
宇野昌磨
本田真凜
紀平梨花
羽生結弦
宮原知子
平昌五輪
オリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ