プロ野球亭日乗BACK NUMBER

対応する打撃と、決めにいく打撃。
日本の4番・筒香嘉智の2つの顔。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2017/03/15 11:50

対応する打撃と、決めにいく打撃。日本の4番・筒香嘉智の2つの顔。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

試合を重ねるごとに「日本代表の4番」の風格が増している筒香。コメントはいつも「チームが勝つことが一番」である。

目の前の試合に集中し、常に心がフラットであること。

 オランダ戦は無安打に終わり、多少、スイングにズレが見えたような気がしたが、本人は首を振って、1試合、1試合で切り替えていくメンタルコントロールをこう強調した。

「ずっと自分の感じとしては悪くない。

 とにかくチームが勝つことが一番。今日は終わったので、明日に向けて準備をしたい」

 120%の出来に高揚することもなければ、スランプで80%に落ちることもない。

 その日、その試合に集中して常に心がフラットであることも、またチームの大黒柱となり得る大きな要素である。

 派手ではなかったが、4番の存在感が遺憾なく発揮された勝利だった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
山田哲人
菅野智之
小林誠司
内川聖一
牧田和久
筒香嘉智
小久保裕紀

プロ野球の前後の記事

ページトップ