プロ野球亭日乗BACK NUMBER

則本と牧田の登板順を徹底検証!
9回と11回は必要な能力が違う?
 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/03/13 11:45

則本と牧田の登板順を徹底検証!9回と11回は必要な能力が違う?<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

10回、11回を見事に無四球無安打で抑えた牧田。ベンチ前で迎える小久保監督の手に、ウイニングボールが握られている。

クローザーは牧田で決定。では則本は……。

 シーズン中から中継ぎで回またぎをしてきた千賀には2イニングを任せたが、クローザーで1イニング限定の平野は1回限定で使った。

 走者を背負う場面では経験のある秋吉や増井を投入した。3年間の代表監督で幾度となく味わってきた継投の苦い経験とその反省が、この試合の起用に集約されていた。

 力を発揮できる舞台に、力を発揮できる選手を送り出した。そうして掴んだ監督の勝利でもあったのである。

 そしてこの激勝の陰で、ただ1つだけ、残った課題は今後の則本の使い方だった。

 この試合の結果から、おそらくクローザーは牧田に固定されることになるはずだ、となると則本をどう使うのか? 2次ラウンドを突破すれば、米国に渡った準決勝では菅野の先発が確定的だが、あと1枚、先発が必要だ。

 15日のイスラエル戦で短く使って、決勝戦で慣れた先発での則本起用というのも、ありなのかもしれない――。

関連記事

BACK 1 2 3 4
鈴木誠也
中田翔
則本昂大
牧田和久
小久保裕紀
小林誠司
石川歩
平野佳寿
千賀滉大
松井裕樹
秋吉亮
宮西尚生
増井浩俊
菅野智之

プロ野球の前後の記事

ページトップ