Number ExBACK NUMBER

「簡単じゃない。でも不可能じゃない」
フルマラソン2時間切りへの挑戦。
 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2017/03/10 15:00

「簡単じゃない。でも不可能じゃない」フルマラソン2時間切りへの挑戦。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

男子フルマラソンの世界記録は、2014年にベルリンマラソンにてデニス・キメット(ケニア)が記録した2時間2分57秒である。

選手達の言葉に、日本と世界の“常識”の差を感じた。

 時折、コーチからペースアップの指示や、アドバイスが飛ぶ。

 世界の各地から集まった多くのメディアたちも、トライアルの記録の推移を食い入るように見つめていた。

 1kmあたり2分49秒という破格のペースを刻み続け、キプチョゲは59分17秒、タデッセは59分40秒でのゴールとなった。いずれもハーフマラソンの日本記録を大きく上回る記録である。それでもレース後のキプチョゲに話を聞くと、あっさりとしたものだった。

「今日は6割くらいでしょうか。まぁ、決められたトレーニングに基づいて、走り切ったという感じです。今後も本番に向けてしっかりトレーニングをしていくだけですね。

 一番重要なのはメンタルだと思います。自分のリミットを超えること。人類の記録を超えられる、自分の能力を超えられる。そのことを信じるように心がけていますね」

 その答えからは、日本と世界の“常識”の差を感じさせられた。

 キプチョゲらは「フルマラソンで2時間を切る」ということを「難しい」とは思っても「不可能」だとは思っていない。その思考の差は、身体能力以上に大きなもののように感じられた。

“常識”をいかに壊せるか……という目標。

 キプチョゲの言葉に代表されるように、ナイキの「Breaking2」プロジェクトはこれまでの“常識”をいかに壊せるか、ということを目標にはじめられた。

 そのコンセプトは、実際にフルマラソンで2時間切りを目指す選手はもちろん、プロジェクトに関わる生理学者、フットウェアやアパレル製作者、デザイナーにいたるまで、チームのすべてのメンバーの頭に刻まれている。

 例えば、この挑戦でランナーたちが使用するシューズ「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート」はソールが一見すると非常に「厚い」作りになっている。

【次ページ】 結局、一番大切なのはアスリートの感覚である。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ナイキ
エリウド・キプチョゲ
ゼルセナイ・タデッセ
レリサ・デシサ

陸上の前後のコラム

ページトップ