プロ野球PRESSBACK NUMBER

最初の5年は天国、後の5年は地獄。
浅尾拓也、肉体改造から復活を期す! 

text by

伊藤哲也

伊藤哲也Tetsuya Ito

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/03/02 07:00

最初の5年は天国、後の5年は地獄。浅尾拓也、肉体改造から復活を期す!<Number Web> photograph by Kyodo News

中日の北谷キャンプで、DeNAとの二軍の練習試合に登板した浅尾。1回を無失点に抑え、球速で140kmまで記録した。

天国を5年、地獄を5年――浅尾の2017年は?

 現在は医療系の資格取得を目指す馬原氏は'12年に右肩手術を経験したが、オリックス移籍2年目の14年には自己最多の55試合に登板。そんなV字回復の経験は浅尾にとって、格好の教材になったのは間違いない。

「自分の気持ちに立って考えてくれる。馬原さんの言葉で、自分も大丈夫って思える。とにかく結果で恩返しするしかない」

 浅尾の言葉にウソはないだろう。

 天国と地獄――。

 プロ10年で、それぞれを5年ずつ経験した。2017年シーズンは、果たしてどう転ぶのか。

 完全復活が容易なことではないのは、浅尾自身が百も承知のはず。二軍キャンプでは最盛期を知る森監督が視察に訪れる中、実戦登板、無失点に抑えるなど順調に階段は上る。

 ただ、浅尾が再び輝く場所、認められる場所は一軍の舞台以外にない。

 プロ11年目。

 最後の最後まであらがい続ける戦いが幕を開けた。

関連記事

BACK 1 2 3
浅尾拓也
森繁和
落合博満
中日ドラゴンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ