オリンピックへの道BACK NUMBER

2020年へ若き女子柔道家が躍動。
グランドスラム東京で光った5人。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/12/11 08:00

2020年へ若き女子柔道家が躍動。グランドスラム東京で光った5人。<Number Web> photograph by AFLO

東京五輪に向けての有力候補に躍り出た阿部詩。一二三との兄弟での同時出場に向けて着々と実力をつけている。

「東京では兄と2人で絶対に優勝したい」(阿部)

 素根は講道館杯の決勝でも朝比奈と戦い、有効で敗れている。グランドスラムではゴールデンスコアにもつれる拮抗した試合を繰り広げ、最後は指導で準優勝に終わったが、わずかな期間でさらに成長を見せた。

「悔しいです。(朝比奈は)勝てない相手ではないと思います」

 高い志が見て取れた。

 リオに出場した代表選手が不在の階級も多かったが、その中で実績を残した選手たち。

 阿部は言う。

「東京では(兄と)2人で絶対に優勝したいです」

 朝比奈はこのように抱負を語った。

「東京の金メダルしか考えていません。2020年へ向けて、私が引っ張っていきたいです」

 オリンピックイヤーを締めくくる月の大会で、それぞれに手ごたえをつかんだ選手たちは、次のオリンピックイヤーを視野に、進んでいこうとしている。

 一方で今大会は欠場した第一人者たちがいる。実績ある選手と勢いに乗る若手が切磋琢磨する中で、代表のレベルは上がっていくはずである。

関連記事

BACK 1 2 3
阿部詩
角田夏実
嶺井美穂
朝比奈沙羅
素根輝
阿部一二三
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ