話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

CS決勝を左右する金崎vs.遠藤航。
初戦は遠藤に軍配、次なる策は? 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2016/12/03 07:00

CS決勝を左右する金崎vs.遠藤航。初戦は遠藤に軍配、次なる策は?<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

浦和では3バックの中央がすっかり定位置となった遠藤航。前へ行く力、後ろで跳ね返す力、危険を察知する力が生きる場所だ。

遠藤「0-1で負けても優勝だけど……」

 タイトル獲得に向けて浦和はかなり優位な立場にいる。ホームで勝てば完全優勝、仮に0-1で負けても年間勝ち点が上の浦和が優勝することになる。安定した守備が浦和の今季の強さでもあり、普段通りに戦えば勝てる可能性が極めて高い。

「1-0で勝ったからといって優勝できるわけじゃないし、半分が終わっただけ。次のホームで負けないことを優先して、守備的になりすぎると難しい試合になってしまう。実際、引き分けでいいし、0-1で負けても優勝だけど、個人的には浦和らしく攻撃的にいきたい。点を取りにいった方が鹿島も嫌だと思うし、自分も負けて優勝するのは嫌なので、勝って優勝したいですね」

 遠藤は、キッパリとそう言った。

 遠藤が浦和に移籍してきた目的は、タイトル獲得に貢献すること。そして、すべてのタイトルを獲得することだった。

 初戦のように金崎を抑え、無失点の仕事ができれば遠藤にとっては初めてのリーグ戦優勝、浦和にとっては2006年以来10年ぶりのリーグ戦制覇となるが、はたして。

関連記事

BACK 1 2 3 4
遠藤航
浦和レッズ
金崎夢生
鹿島アントラーズ

Jリーグの前後の記事

ページトップ