サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

久保建英の世界観は今もバルサ目線。
欧州を目指すのと戻るのはどう違う? 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2016/12/01 12:00

久保建英の世界観は今もバルサ目線。欧州を目指すのと戻るのはどう違う?<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

バルセロナの哲学は、久保建英の中にしっかりと根付いている。みなぎる自信のおおもとは、やはりそこにあるのだろう。

フィジカルでは年上に負けても、技術は既に……。

 久保が身に纏う自信。その裏付けこそが、幼少期から人より抜きん出ていて、バルサ仕込みでさらに磨かれたテクニック。『技術は嘘をつかない』。体力が劣ってきたベテラン選手によく使われるフレーズだが、同時にテクニックは年齢に左右されないということも表している。バルセロナというテクニカルな才能が集う中で、自分のボールタッチと感性を伸ばしてきた。その事実と自負こそが、今の久保を支えているように見える。

 この日、久保は自らの口で初めて東京五輪や日本代表への思いを語った。

「(東京五輪を)意識していないわけではありません。自国開催は、一生に一度あるかないかというものです。今はまだ(周りと)同じレベルに立てていないので、ここからさらに努力したい。世界には若いころからすでにトップで活躍している選手がたくさん出てきている。

 自分もこのまま順調にしっかり努力して、どんどん上がるのが早ければ早いほど良いと思っています。ただ実力がついていないのに上がってしまっては、空回りするだけだと思います。若いうちから日の丸を背負って海外や国内でいろんな経験をさせてもらうのは、ごく一部の人しかできない貴重な体験だと思っています。今回もアルゼンチンという遠いところまで行かせてもらえて試合ができるのは、チャンスであり良い経験になる。与えられたものをムダにしないように、しっかり頑張りたい」

バルセロナという原点が、彼の自信の源なのだ。

 加速度的な成長を、久保自身が望んでいる。スペインからの逆輸入という理由で天狗になっているとは、彼の周りの誰からも聞かない。地に足をつけ、世界最高峰の彼の地で培ってきた技術を武器に、落ち着いて勝負していく。

 決して、まだ世界的名プレーヤーになることが保証されたわけではない。ただ、15歳ながら現時点で特別な存在であることは確か。それは、やはり“バルセロナ”というこれまでのどの日本人サッカー選手も持ち得なかった経験と価値があるから。

 何より久保がその若さにして自分自身を信じる理由が、そこにある。

関連記事

BACK 1 2 3 4
久保建英
バルセロナ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ