スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

ジョセフジャパンの「賢いラグビー」。
相手にボールを渡してから攻める? 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/11/25 11:00

ジョセフジャパンの「賢いラグビー」。相手にボールを渡してから攻める?<Number Web> photograph by AFLO

組織力が機能しづらいバラけた状況に活路を見出すのはジェイミー・ジョセフの十八番。日本でも花開くか。

1試合ごとに戦略が進化している。次は何を?

 しかし時間は限られているが、このチームならやってくれそうな気配がある。とにかく、一週ごとにどんどん進化を見せているからだ。

 フィジー戦ではスクラム、ラインアウトといったセットピースからの攻めが重要になるだろう。

 たとえば、これまでのノベンバー・テストでの3試合では、相手ゴール前からのラインアウトから、モールで押し込む作戦は一度も採っていない。そうした戦術をオプションに加えるかどうか、興味がある。

 そして、キックの質をどういった形に転換していくのかも興味深い。距離が出る長めのラインキックは相手にスペースを与えることになるのでリスクが増すだろう。では、ハイパントを蹴って、再獲得を目指すのか? それとも先週よりはタッチキックを多く蹴り、ラインアウトの機会を増やすのだろうか。

 まったくタイプの違う相手と対戦するだけに、日本代表がどんなプランを持って臨むのか、今から楽しみで仕方がない。

関連記事

BACK 1 2 3
ジェイミー・ジョセフ

ラグビーの前後の記事

ページトップ