JリーグPRESSBACK NUMBER

浦和でDF、代表では中盤の葛藤。
遠藤航が磨く「前で奪う」センス。 

text by

轡田哲朗

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/11/25 11:30

浦和でDF、代表では中盤の葛藤。遠藤航が磨く「前で奪う」センス。<Number Web> photograph by AFLO

ルヴァン杯決勝ではPK戦で5人目のキッカーを務めるなど、遠藤には守備者のスキルだけでなく、ハートの強さがある。

クラブW杯出場、C・ロナウドと対戦するイメージを。

 浦和は今季のリーグ戦で年間勝ち点1位を獲得し、チャンピオンシップ決勝を戦うことが決まっている。迫りくる決戦に向け「優勝してクラブワールドカップでレアルと対戦する目標しかないし、それができれば充実したシーズンになったという思いにもなる」と、Jリーグの年間チャンピオンは目標であり通過点でもあると話す。

 その言葉通りにレアル・マドリーとの対戦を実現し、自身と世界トップレベルの現在位置を確認すること、そしてクリスティアーノ・ロナウドを筆頭としたタレント軍団を抑え込むようなパフォーマンスを見せることができたならば――。

 日本代表の中心に位置する遠藤の姿を見ることも、当然の未来ということになっていくはずだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4
浦和レッズ
遠藤航
長谷部誠
山口蛍
永木亮太
井手口陽介
ロシアW杯

Jリーグの前後のコラム

ページトップ