JリーグPRESSBACK NUMBER

浦和でDF、代表では中盤の葛藤。
遠藤航が磨く「前で奪う」センス。 

text by

轡田哲朗

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/11/25 11:30

浦和でDF、代表では中盤の葛藤。遠藤航が磨く「前で奪う」センス。<Number Web> photograph by AFLO

ルヴァン杯決勝ではPK戦で5人目のキッカーを務めるなど、遠藤には守備者のスキルだけでなく、ハートの強さがある。

湘南でチームメートだった永木の招集を刺激に。

 ハリルホジッチ監督は就任以来、縦に速い攻撃を求めている面がある。チーム全体をコンパクトにした上で、前線の選手たちのポジションが低くなれば攻撃への迫力が失われてしまう。遠藤自身も「前でボールを奪える選手がハリルはすごく好き」だと話す。その意味では、遠藤が浦和でボランチとして実践し効果を発揮したプレーは、そのまま日本代表でも求められる要素の多いものだったと考えることができるだろう。

 そして、遠藤には4人のメンバー選考だけではなく、励みになっている要素がもう一つあるという。それは、湘南ベルマーレ時代にチームメートとして戦ってきた永木がメンバー入りを果たし、国際親善試合オマーン戦で出場のチャンスを掴んだことだ。

CBでやっているからこそ、インターセプトにこだわる。

「(永木)亮太君も僕が最初に代表に入ったことで刺激を受けて、今は立場が逆転している感じですけど、そうやって湘南で切磋琢磨したチームメートとA代表と一緒にプレーするチャンスがあるのは嬉しいですよね。湘南にいた時も代表の話をして『A代表でまた一緒にプレーできたらいいね』と話していましたし、素晴らしいことですから。これからが僕らにとっては大事になると思います」

 その、「これから」に向けて、自身はどんなレベルアップを図るべきだと考えているのか。遠藤は「総合的にしっかりと何でもできる選手になった方が良いと思っている」と、全体的なプレークオリティーを上げることが重要であるのを前提として、「センターバックをやっているからにはインターセプトにはこだわるべきだと思う。前でボールを奪うということですよね」と、強調した。

【次ページ】 クラブW杯出場、C・ロナウドと対戦するイメージを。

BACK 1 2 3 4 NEXT
浦和レッズ
遠藤航
長谷部誠
山口蛍
永木亮太
井手口陽介
ロシアW杯

Jリーグの前後のコラム

ページトップ