錦織圭、頂への挑戦BACK NUMBER

ラリーで圧倒し、サーブに屈した激戦。
錦織圭が世界1位を追い詰めた200分。 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2016/11/17 17:10

ラリーで圧倒し、サーブに屈した激戦。錦織圭が世界1位を追い詰めた200分。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

敗れたとはいえ、錦織の高度な技術とアグレッシブなプレーは、世界のメディアから称賛されていた。

29歳のマレーが世界一になり、27歳の錦織は刺激を?

 錦織自身は2日前、新王者へのリスペクトを語っていた。

 マレーが29歳になって世界ランキングでナンバーワンになったことが、来月には27歳になる錦織にとって励みになるという意味で「勇気を与えられたり、うれしいことなのか」と質問され、「いや、なんにもうれしくないですね」と即答。

 狙ったのかどうか笑いを誘い、「マレーは若い頃からずっとトップでやってたので、自分と比べれば明らかな差がある」と続けた。

 マレーとは、2年7カ月の年齢差。

 初のツアータイトルが18歳2カ月だった錦織は、マレーの初優勝より数カ月早い達成となるのだが、通算タイトル数は錦織の11に対して43、そこには3回のグランドスラムと14回のマスターズシリーズが含まれている。

 錦織はマスターズもグランドスラムも準優勝が最高だ。

「自分が良いテニスをしていたのが一番大事」

 自分と明らかに差があると感じる相手との勝負に挑むとき、頼りになるのは自分自身がいいプレーをしている、いい状態にあるという実感しかないだろう。

 錦織にはそれがあった。

 ラウンドロビン初戦となる対スタン・ワウリンカ戦でこれ以上ないスタートを切っていた。

 世界ランキング3位、グランドスラム優勝3回のワウリンカを、彼が本調子からは程遠かったことを差し引いたとしても、ストレートセットで破ったことは自信になる。しかし、それ以上に大事なことは自分のプレーの内容だった。

「相手がどうこうというよりも、自分が良いテニスをしていたのが一番大事なこと」

 そのワウリンカ戦に持ち込んだ自信の中身は、「しっかりいい練習ができた」という手応えだ。

 パリ・マスターズでは3回戦でジョーウィルフリード・ツォンガに敗れたことと引き替えに得たものが、この大会への少し長くなった準備期間だった。残念な結果の中でも小さな自信を積み重ね、膨らませてきた。

【次ページ】 錦織以外の出場選手の平均身長は……約191cm!!

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

錦織圭
ミロシュ・ラオニッチ
アンディー・マレー
ジョーウィルフライ・ツォンガ
スタン・ワウリンカ
マリン・チリッチ
ノバク・ジョコビッチ

テニスの前後のコラム

ページトップ