錦織圭、頂への挑戦BACK NUMBER

ラリーで圧倒し、サーブに屈した激戦。
錦織圭が世界1位を追い詰めた200分。 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2016/11/17 17:10

ラリーで圧倒し、サーブに屈した激戦。錦織圭が世界1位を追い詰めた200分。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

敗れたとはいえ、錦織の高度な技術とアグレッシブなプレーは、世界のメディアから称賛されていた。

次は同年代のライバルとなるチリッチだが……。

「ほとんどがラリーになって、特に第1セットのラリーはほとんど彼(錦織)が支配していた。ボールをあっちこっちに散らしてきた。多分、誰よりも巧くね」とマレーは苦戦の原因を語り、錦織は「大事なポイントを取れなかった。全体的にはいいプレーができていたけど、大事なところでの集中力、駆け引きが彼のほうが上だと思う」と敗因を語った。

 この大会は、負けても終わりではない。1日休んでラウンドロビン最後の一戦に臨むことになるのだ。

 相手は、同年代のライバルと位置づけられることの多いマリン・チリッチ。

 対マレー、対ワウリンカとすでに2敗しているチリッチのほうが、気持ちの切り替えは難しい。錦織はこのチリッチに勝ちさえすれば、マレーとワウリンカの結果がどうであれ、1番か2番で予選ラウンドを通過、準決勝に進むことができる。

 チリッチとはバーゼルの決勝で敗れて以来だが、2年ぶりの準決勝進出とリベンジをかけた一戦。もう一方のグループではすでにノバク・ジョコビッチが準決勝進出を決めている。

 楽しみはまだまだ続きそうだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

錦織圭
ミロシュ・ラオニッチ
アンディー・マレー
ジョーウィルフライ・ツォンガ
スタン・ワウリンカ
マリン・チリッチ
ノバク・ジョコビッチ

テニスの前後のコラム

ページトップ