SCORE CARDBACK NUMBER

マリーが初の世界1位に。苦悩のジョコ
はグル帯同!?~6月に8000ポイント
あった大差が一変。なぜ?~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/11/19 17:00

マリーが初の世界1位に。苦悩のジョコはグル帯同!?~6月に8000ポイントあった大差が一変。なぜ?~<Number Web> photograph by Getty Images

室内開催のパリ大会では、決勝でジョン・イズナーを下した。シーズン8勝は自己最多だ。

 アンディ・マリーが初めて男子テニスの頂点に立った。マスターズ・パリ大会で優勝。ノバク・ジョコビッチが準々決勝で敗退したため、1位が入れ替わった。マリーは'73年のコンピュータランキング導入以降26人目、英国選手としては初のナンバーワンとなった。

 6月の全仏でジョコビッチが生涯グランドスラムを達成した頃は「1強時代」とも言われていた。全仏の翌週には、ジョコビッチのポイントは1万6950で、2位のマリーに約8000ポイントの大差をつけていた。半年足らずで情勢が一変してしまったことが信じられない。


 ジョコビッチの失速は目を覆うばかりだ。ウィンブルドンの3回戦敗退に続き、ランキングに関係しないリオ五輪ではフアンマルティン・デルポトロに1回戦で敗退。全米は準優勝したが、上海がベスト4、パリもベスト8――。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 562文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、新たなる希望。~W杯アジア最終予選前半戦総括~
アンディ・マリー
ノバク・ジョコビッチ

テニスの前後の記事

ページトップ