プロ野球亭日乗BACK NUMBER

中田翔はなぜ5番ではなく4番か。
侍ジャパンの難問「筒香嘉智の後」。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2016/11/15 13:30

中田翔はなぜ5番ではなく4番か。侍ジャパンの難問「筒香嘉智の後」。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

日本ハムでは、不動の4番として中田翔は存在感を発揮していた。しかし侍ジャパンでは、また異なる要素が絡んでくるのだ。

足をあげるタイプの打者は適応力に難?

「足を高くあげるタイプのバッターは対応に苦労していた」

 稲葉篤紀打撃コーチがそう指摘していたように、テークバックが小さく、手元で動くボールを投げる外国人投手に山田哲人(ヤクルト)、松田宣浩(ソフトバンク)のように足を上げて大きくタイミングをとるタイプの打者はなかなか自分のバッティングができなかった。

 中田は明らかにこのタイプの打者である。

 一方、筒香や秋山翔吾(西武)のように始動が早くてトップを早く作れる打者や、坂本のようにポイントを打者側に寄せてセンターを中心に右軸で打てる打者は結果を残せている。

 井端と内川が結論づけた、国際試合で結果を残せるバッティングができるかできないか。WBCを勝ち抜くオーダー編成には、そこが最も大事な基準となるはずである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
井端弘和
内川聖一
筒香嘉智
中田翔

プロ野球の前後の記事

ページトップ