野ボール横丁BACK NUMBER

清宮が5三振でも勝つ早実の精神。
スポ根な努力より、自由こそが強さ。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2016/11/04 17:00

清宮が5三振でも勝つ早実の精神。スポ根な努力より、自由こそが強さ。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

5打数5三振でも劇的なサヨナラ勝ちで優勝。主将・清宮は厳しいマークを受けてもチームメートたちが奮起した。

「スポ根」的な日本のスポーツ観から自由だ。

 優勝を決め、和泉はこう胸を張った。

「やるのは彼ら。監督が勝たせてくれるわけじゃない。ようやく、それに気づいたんじゃないのかな。彼らの中に、結果を恐れる気持ちは、まったくなかったと思うよ」

 日大三戦で見せた終盤の粘りは、その言葉を体現していた。

 早実は、いわゆるスポーツものの文体が通用しないチームである。言い方を変えれば、根強く存在する「スポ根」的な日本のスポーツ観から自由だ。

 自由に耐えられる精神性を持っているということは、つまり、それだけタフだということだ。

関連記事

BACK 1 2 3
早稲田実業高校
清宮幸太郎
和泉実

高校野球の前後の記事

ページトップ