ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

10年後の今だから語れるあの夏のこと。~3年連続で甲子園決勝に辿りついた駒大苫小牧の名監督~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byGetty Images/Wataru Sato

posted2016/11/03 16:30

10年後の今だから語れるあの夏のこと。~3年連続で甲子園決勝に辿りついた駒大苫小牧の名監督~<Number Web> photograph by Getty Images/Wataru Sato

『勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇』中村計著 集英社 1700円+税

 今年の夏も過ぎ去ってしまったが、過去になったから語れる夏もある。

『勝ち過ぎた監督』は、2004年から'06年まで3年連続で夏の甲子園決勝に辿り着いた駒大苫小牧野球部を率いた、香田誉士史(こうだ・よしふみ)監督の物語だ。

 '04年に北海道勢として初の全国制覇を遂げ、'05年は驚きの2連覇。ピンチの時にマウンドに駆け寄った選手が空へ人差し指を突き上げるポーズは、誰もが知る駒大苫小牧の代名詞となった。そして、'06年の高校野球史に残る決勝戦。エース田中将大と早稲田実業の斎藤佑樹の投げ合いは、延長15回の死闘の末に引分け。結局、翌日の再試合で敗れたが、北海道民は「二・九連覇」と讃え、前人未踏の3連覇に限りなく近づいた伝説的なチームと呼ばれた。しかし当時野球部を率いた香田のことはあまり知られていない。なぜか? 本書にはその理由が克明に記され、栄光のチームのベンチ裏にあった問題と、香田の挫折を読者は知るだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 252文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

武豊 四千勝のすべて。

Sports Graphic Number 913

武豊 四千勝のすべて。

 

香田誉士史
駒大苫小牧高校

高校野球の前後の記事

ページトップ