イチ流に触れてBACK NUMBER

「相手の心が見えることが多かった」
イチローが今季感じた、密かな幸福。 

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/10/28 07:00

「相手の心が見えることが多かった」イチローが今季感じた、密かな幸福。<Number Web> photograph by AFLO

バッターボックスで自分の技術だけでなく、相手投手の心理まで見える。2016年のイチローは、達人の境地へとたどり着いたのだろうか。

「数字を残そうと思えば、脳みそを使わなくては」

 3000安打を放った際、イチローはこんな言葉を残している。

「バットを振ること、それ以外もそうですよね。走ること、投げること。全てがそうですけれども、瞬間的に成果を出すことは出来る可能性はありますけども、それなりに長い時間、数字を残そうと思えば、当然、脳みそを使わなくてはいけない。

 まぁ使いすぎて疲れたり、考えてない人にあっさりやられることもたくさんあるんですけど、それなりに自分なりに説明はできるプレーをしたいというのは僕の根底にありますから、それを見ている人に感じていただけるなら、とても幸せですね」

 2016年オフ。

 イチローはちょっぴり優越感に浸りながら、来季への準備をすでに始めている。

関連記事

BACK 1 2 3
イチロー
マイアミ・マーリンズ

MLBの前後の記事

ページトップ