濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

“ダメレスラー”が大仁田より大暴れ!
「ガンバレ☆プロレス」が醸す人間味。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byDDT Pro-westling

posted2016/10/09 08:00

“ダメレスラー”が大仁田より大暴れ!「ガンバレ☆プロレス」が醸す人間味。<Number Web> photograph by DDT Pro-westling

お金はない。有名プロレスラーもいない。それでも「ガンバレ☆プロレス」は人々を興奮させる根源的なパッションを持っている。

何やってんのよ大家vs.涙のカリスマ大仁田が実現。

 勝って叫び、負けて泣き、仲間に裏切られたと言ってはまた泣き、やってることがメチャクチャだと理詰めで責められて逆ギレし。大家は常に感情を全開にする。情けなかったりバカバカしかったりする姿も隠さない。何もかもさらけ出すから、それがファンの心に響く。「何やってんのよ大家」と笑いながら、気がついたらちょっと泣きそうになっていたりもする。そういう経験を何度もしてきた、ガンプロユニバース(ガンプロのファン)は。その“さらけ出しっぷり”は古巣のDDTでも評判になって、短期間だがシングル、タッグのベルトまで腰に巻いている。

 人生最大の挑戦である後楽園大会で、大家は大仁田厚と4対4の8人タッグで闘うことになった。大仁田は、いわば元祖インディー。彼が道を作らなければ、DDTもガンプロもなかっただろう。大家にとっては“感情さらけ出しスタイル”の大先輩でもある。キャッチフレーズは大仁田が“涙のカリスマ”で、大家が“カリスマ号泣師”。インディーとして、ガンプロとしていつか触っておかなきゃいけない相手だったのかもしれない。

「後楽園を満員にできなければ引退」と無謀な宣言。

 だけど9月2日の興行に大仁田が乱入した時、挑発された大家が思わず「後楽園を満員にできなかったら引退する」と口走ったのはどうかと思った。いつもの10倍のキャパが、そんなに簡単に埋まるわけがないのだ。大家自身、みんなに「おまえ何言ってやがるんだ」という顔で見られて、さすがに心が折れかけたらしい。それでも結局はやるしかないから、猛烈な勢いで営業をした。ポスターを貼ってもらえる場所を探し、チケットを買ってもらい、ツイッターで告知しまくった。つまりは、とにかく頑張った。

 周囲のレスラーたちも反応した。大会前日、出場選手だけでなく大家ゆかりのDDT勢、関係者が次々とツイッターやブログでガンプロ後楽園への思いを綴る。みんな、何かせずにはいられなかったのだ。ガンプロが後楽園を満員にするのは難しいだろう。だからって何もせずに大家を引退させるわけにはいかなかった。「だけどアレでしょ、プロレス界では“引退は復帰の始まり”でしょ」、そんなふうに半笑いになってる余裕は、なぜか誰にもなかった。

 大会当日も、何かしないではいられない選手たちが何人も後楽園ホールに来た。男色ディーノがいて、学生プロレス時代からの付き合いになるKUDOがいて、スーパー・ササダンゴ・マシンにいたってはチケットを買っていた。

【次ページ】 ファンも「今ガンプロ行かないでいつ行くんだ?」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ガンバレ☆プロレス
DDT
大家健
大仁田厚
今成夢人

プロレスの前後のコラム

ページトップ