濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

“ダメレスラー”が大仁田より大暴れ!
「ガンバレ☆プロレス」が醸す人間味。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byDDT Pro-westling

posted2016/10/09 08:00

“ダメレスラー”が大仁田より大暴れ!「ガンバレ☆プロレス」が醸す人間味。<Number Web> photograph by DDT Pro-westling

お金はない。有名プロレスラーもいない。それでも「ガンバレ☆プロレス」は人々を興奮させる根源的なパッションを持っている。

ファンも「今ガンプロ行かないでいつ行くんだ?」

 そしてプロレスファンも、何かしないではいられなかった。試合開始が近づくと、客席がどんどん埋まっていく。行ったことのない小さな会場は抵抗があるけれど、後楽園なら新日本プロレスやDDTをいつも見てるから安心だし、せっかくなんで見てみよう。そんな感覚もあったんだろうと思う。でもそれ以上に感じたのは、やはりプロレスファンの嗅覚だ。

「ちょっとこの大会を見逃すわけにはいかないな」

「今ガンプロ行かないでいつ行くんだ?」

 そういう“いざ鎌倉”を嗅ぎつける能力が、プロレスファンはとてつもなく優れている。観客動員は主催者発表で1091人、誰もが予想しなかった「超満員」である。入場式では、これまで聞いたこともないくらいデカい大家コールが発生した。大家の右腕・今成夢人は試合前なのに泣いていた。彼は学生プロレス経験者だけど、本業はDDTの映像スタッフだ。学生時代に撮った自主映画が話題になり、大手テレビ局に就職したが続かなかった過去がある。

セミファイナルでは別れた夫婦がリング上で闘った。

 いや今成だけじゃない。ガンプロにはくすぶっている選手、自分の居場所をなんとか作らなきゃいけない選手が次々とやってくる。後楽園大会では、富永真一郎がKAIENTAI DOJOの旭志織と対戦した。富永はかつて、この団体の練習生だった。デビューできずにやめた団体の先輩と試合をする。それは暗くて苦い過去と向き合うということでもあるはずだ。富永もまた、自分をさらけ出した。旭はそんな富永に、KAIENTAI DOJOのリングで試合をすることを提案した。その道を作るために「俺のなけなしの権限使ってやる」とも。

 セミファイナルに登場した藤田ミノルには、元・前村早紀こと藤田早紀とのタッグ対決が用意された。藤田早紀はこの試合が復帰戦。元女子プロレスラーで、藤田ミノルの元妻でもある。別れた夫婦がリング上で闘ったのだ。元夫は目を合わせることもなかなかできず、客席から聞こえる娘たちの「ママ!」という声援に固まったりもした。いくらなんでもさらけ出しすぎのような気もするが、そうしなければ、元妻からの「お前は死ぬまでプロレスやってろ!」という説教のようなエールが元夫に届くこともなかった。

【次ページ】 ノーロープ有刺鉄線デスマッチで見せた大家の意地。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ガンバレ☆プロレス
DDT
大家健
大仁田厚
今成夢人

プロレスの前後のコラム

ページトップ