炎の一筆入魂BACK NUMBER

優勝時のフィールドにいなくとも……。
廣瀬純、広島カープに殉じた16年間。 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/10/03 17:00

優勝時のフィールドにいなくとも……。廣瀬純、広島カープに殉じた16年間。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

10月1日の引退試合後のセレモニーにて。自らは一軍であまり活躍できなかったが、彼に学び、彼を慕う若手が代わりに優勝へ貢献したことは誇るべきだろう。

廣瀬が伝えた伝統は、きっとこれからも受け継がれる。

 丸だけではない。主に左右の代打の切り札として控える小窪、松山の両選手は、廣瀬から打撃指導を受けた。

 今季中も一軍の試合をテレビで見ながら、廣瀬は2人の状態をずっと気にかけていた。

 「一軍に出始めたときに純さんのゆったりしたフォームを見習ってやってきた。純さんの最後の試合でいい打撃ができて、自分の野球人生にとっても思い出になる」と感謝する松山は、「5番左翼」で先発出場した引退試合で全打席廣瀬のバットで立って、6回には決勝打を放ち、引退試合に花を添えた。

 廣瀬の意思は、応援歌という形で菊池にも継承される。

「始まりの鐘が鳴る 広島伝説」とともになるファンファーレは、広島ファンの胸を熱くする。愛称“チャーリー”の由来となったもみあげの共通点がある菊池へ、廣瀬からの要望で受け継がれることになった。

「バトンを受け取って、これからも一生懸命活躍できるようにやっていきたい」(菊池)

 廣瀬の魂を受け継ぐ菊池も松山も、試合後のセレモニーでは感謝の思いが涙になって溢れた。

 25年ぶりに優勝を成し遂げたフィールドに、背番号26はいなかった。だが、長くチームを陰で支えてきた廣瀬の姿、言葉、存在が、新たな歴史を作ったチームに与えた功績は決して小さくはない。そしてその伝統はきっと、これからも受け継がれていくだろう。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

菊池涼介
小窪哲也
松山竜平
広島東洋カープ
安部友裕
東出輝裕
迎祐一郎
金本知憲
緒方孝市
前田智徳
廣瀬純

プロ野球の前後のコラム

ページトップ