JリーグPRESSBACK NUMBER

「大宮=アトレティコ」という仮説。
最後の一押しは、監督の黒シャツ!? 

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2016/10/03 12:20

「大宮=アトレティコ」という仮説。最後の一押しは、監督の黒シャツ!?<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

昨年J2優勝を牽引した“大宮のグリエスマン”家長昭博は今季もJ1で10得点。ハリルが会見で言及したこともあり、代表復帰はあるか!?

カウンターに人数をかけ、守備も崩れない。

 普通、サイドバックの選手がこれだけ大胆に攻撃参加すれば、彼が空けたスペースをカウンターで突かれる場面も増えそうだが、鹿島戦で彼の右サイドを破られるシーンはほとんどなかった。

「僕が攻め上がってボールを失ったら、相手のサイドハーフよりも攻守の切り替えを早くすること。これはすごく意識していました」

 奥井だけでなく、チーム全員に攻守の切り替えの意識が徹底されているからこそ、人数をかけたカウンターを繰り出すことができ、それでいて守備のバランスが崩れない。

 41分には“大宮のコケ”こと横谷繁が速攻から得たFKを直接沈め、59分には同じくカウンターから強烈なミドルシュートを突き刺した。数自体は多くないカウンターのチャンスをフィニッシュに結びつけ、セットプレーを効果的にゴールにつなげる点も、大宮がアトレティコチックな部分である。

最後の一押しは、渋谷監督の黒シャツ&黒ネクタイ!?

 しかし、この3点目以降の戦いぶりは、まだまだ本家アトレティコには程遠かった。前線からの圧力を強めた鹿島に対して腰が引けてしまい、運動量を必要とする戦術を採用している分、終盤は自慢の足も止まった。どうにか3-1で逃げ切ったものの、改善の余地はまだまだあるし、それが彼らの伸びしろでもある。試合後の渋谷監督も、決して現状に満足していなかった。

「3-0にした後の失点が課題。ああなると、3-2、3-3にされるイメージも出てしまう。しっかりボールもつなげなくなった。勝ち点48という今季の目標を、ベンチ外の選手も含めた選手全員の力で、勝利で達成できたことは嬉しく思うが、勝ち点50を取ったからと言って、チャンピオンシップに出られるわけじゃない。ここで喜んでいる場合じゃない。この先、常勝軍団と呼ばれるようになって、勝ち点50を取るのが基準となるように、もっともっと上を目指していかないといけない」

 大宮がさらにスケールアップして、アトレティコのような「常勝軍団」となるために、最後に1つアイディアを。

 いつも謙虚で紳士的な渋谷監督が、“大宮のシメオネ”として黒シャツ&黒ネクタイを着込み、ここぞの場面では大きなアクションで大宮サポーターを煽るというのは、いかがでしょう?

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大宮アルディージャ
アトレティコ・マドリー
家長昭博
渋谷洋樹

Jリーグの前後のコラム

ページトップ