プロ野球亭日乗BACK NUMBER

「みんな過剰に期待しすぎなんですよ」
澤村拓一に聞かせたい上原浩治の金言。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2016/09/02 17:00

「みんな過剰に期待しすぎなんですよ」澤村拓一に聞かせたい上原浩治の金言。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

「チームに迷惑をかけて申し訳ない」とたびたびコメントしている澤村。広島戦での成績がイマイチなのが原因とはいえ、救われた試合も多いのだが……。

救援失敗で敗北するのは、クローザーという仕事の宿命。

 藤川は阪神で抑えとなった2007年からの6年間で202セーブを挙げて2度の最多セーブのタイトルを手にした。クルーンも'05年の横浜入団から巨人を退団するまでの6年間で177セーブを挙げて'08年にはやはりセーブ王となっている。

 かつてのマリアノ・リベラや全盛期の中日・岩瀬仁紀投手のような絶対クローザーと呼べる投手は本当に一握りでしかない。彼らですら、ここぞの場面で痛打を浴びてチームが沈んでいった苦い経験は必ずある。

 それがクローザーという仕事の宿命みたいなものなのだろう。

「みんな過剰に期待しすぎなんですよ」

 こう語っていたのはボストン・レッドソックスで昨年までクローザーを務めていた上原浩治投手である。

「抑えの仕事は点を取られないことでもないし、ましてやヒットを打たれないことでもない」

 上原は言う。

「クローザーの役目は1点差でも逃げ切ること、勝つことなんです。2点差、3点差があれば『ホームランは打たれたっていい』くらいの気持ちでマウンドに行かないと、あの緊迫した状況で毎日、毎日、投げられないですからね。それぐらい精神的にタフだってことです。僕に言わせりゃヒットを打たれた、フォアボールを出したってガタガタ文句を言うなって感じですね!」

敗北の奈落の恐怖を知りつつも、投げ続ける。

 8月31日。勝てばマジック22が点灯する西武戦の9回、2点リードで登板したソフトバンクのサファテは3失点で逆転サヨナラ負け。これが今季8度目の救援失敗だった。

 同じ日に広島の中崎翔太投手はDeNA戦で3点リードの9回にマウンドに上がり1イニングを打者3人で片づけて28セーブ目をマークしている。ただ、この中崎とて8月5日の巨人戦では同点の9回にマウンドに上がると負け越している。このときを含めて今季は6度の救援失敗があるのだ。

 自分が打たれれば、チームは敗北の奈落に落ちることは分かっている。それでも彼らはマウンドに上がって、投げ続ける。

 クローザーとは抑えるのは当たり前、ただし打たれるのもまた当たり前の仕事なのである。

関連記事

BACK 1 2 3
澤村拓一
読売ジャイアンツ
マリアノ・リベラ
松井秀喜
菊池涼介
藤川球児
マーク・クルーン
上原浩治

プロ野球の前後の記事

ページトップ