格闘技PRESSBACK NUMBER

世界を駆ける小さな王者KUSHIDA。
Jrヘビー級の明るい未来への招待状。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2016/08/25 11:00

世界を駆ける小さな王者KUSHIDA。Jrヘビー級の明るい未来への招待状。<Number Web> photograph by Essei Hara

団体の枠を超えてジュニアヘビー級の選手が集まる、理想の祭典「SUPER J-CUP」。ライガーのようにKUSHIDAがジュニア黄金時代を築けるか?

KUSHIDAがこだわる決め技「ホバーボードロック」。

 伝説の銀色仮面“聖者”エル・サントは、「トペ・アトミコ」というコーナーから急降下して当たる頭突き技をよく繰り出していたが、フィニッシュは「カバージョ」と呼ばれる「ラクダ固め」だった。

 相手の背中にまたがって、両手でアゴをロックして反らすという単純な荒ワザだ。メキシコにはラクダはいないので語源的には、「カバージョ」は馬で、荒馬を取り押さえる状況を示したものということらしい。

 KUSHIDAの決め技は「ホバーボードロック」。

 リング・コスチュームに合わせて現代的な名前がついているが、押さえつけての腕固めだ。KUSHIDAはこのフィニッシュにこだわりを見せる。

 形としては、腕がらみ、キムラ・ロック、チキンウィング・アームロックなど呼び方はいろいろあるが、過度に締め上げれば骨折に至る危険な技だ。

 柔道の木村政彦は1951年、ブラジルのマラカナン競技場で3万人の観衆の前でエリオ・グレイシーと対戦して、この技であきらめないエリオの腕を脱臼させて勝利した。

 アントニオ猪木も1976年、パキスタンのカラチの国立競技場で地元の英雄アクラム・ペールワンの腕を脱臼させた。

 そんな古典的な技を、KUSHIDAは入り方をアクロバティックにしてフィニッシュに選んだ。

 そして、金丸もホバーボードロックに捕らえた。

「ジュニア・ヘビー級に骨をうずめる覚悟」

 KUSHIDAは「ジュニアヘビー級に骨をうずめる覚悟」だという。

 そして、ジュニアヘビー級の繁栄のために、今年はかなわなかったが、来夏のG1クライマックスには参戦したい意向を示した。

「ジュニアヘビー級の明るい未来へ皆さんをお連れします」

 その言葉は自信に満ちあふれていた。

コメントする・見る
BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

KUSHIDA
新日本プロレス
獣神サンダーライガー
金丸義信
SMASH

プロレスの前後のコラム

ページトップ