格闘技PRESSBACK NUMBER

世界を駆ける小さな王者KUSHIDA。
Jrヘビー級の明るい未来への招待状。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2016/08/25 11:00

世界を駆ける小さな王者KUSHIDA。Jrヘビー級の明るい未来への招待状。<Number Web> photograph by Essei Hara

団体の枠を超えてジュニアヘビー級の選手が集まる、理想の祭典「SUPER J-CUP」。ライガーのようにKUSHIDAがジュニア黄金時代を築けるか?

7年前まで「食えない生活」が、今ではスター。

 7年前にスーパーJカップが開催されたときには、「海外遠征中」。そういうと、聞こえはいいが、カナダで「食えない生活」を送っていたのが真相だ。

 それが、今では世界中のプロモーターから声のかかる存在になった。請われれば、世界のどこへでもすっ飛んでいく。

 7月のスーパーJカップ開幕戦前には3週間のメキシコ遠征があった。

 シャワーも屋根もない泥まみれのメキシコの場末のリングから、すでにKUSHIDAはルチャの檜舞台アレナ・メヒコのメイン・イベンターにまで成長していた。

 通常5試合組まれるルチャだが、ポスターや宣伝のチラシの対戦カードに印刷された名前の文字の大きさが違う。

 相撲の番付みたいなもので、かつては、一番下の小さな文字を探さなくてはならなかった。それが、今では一番上に「KUSHIDA」の文字が大きく目立っていた。

 昔の習慣でポスターを下から見始めたら「アレッ、名前ないよ」なんていう笑い話になりそうなほどの、急激な成長ぶりだった。

ルチャ・リブレは空中戦から関節技まで多岐にわたる。

 1983年5月生まれのKUSHIDAは、33歳だ。

 プロレスラーとしては、一番いい年頃ということになる。

 ノアの石森太二、拳王、タイチを下して勝ち上がった決勝は、GHCジュニア・ヘビー級王者・金丸義信とのちょっとクラシックな戦いになった。

 メキシコのタイトルマッチを意識したものかもしれないし、逆に10年のキャリアの差から生まれた戦いかもしれなかった。

 ヘッドロック、フェイスロックや腕ひしぎ十字固めの攻防も織り込まれた。

 ルチャ・リブレは空中戦のイメージが強い。

 それは派手だし見栄えもするから、イメージとしてはそうなのだが、関節技も古典的なものから多種にわたる。

【次ページ】 KUSHIDAがこだわる決め技「ホバーボードロック」。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

KUSHIDA
新日本プロレス
獣神サンダーライガー
金丸義信
SMASH

プロレスの前後のコラム

ページトップ