リオ五輪PRESSBACK NUMBER

井上康生と井村雅代に共通点が?
真逆の指導法の底に「選手のため」。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byJMPA

posted2016/08/21 16:00

井上康生と井村雅代に共通点が?真逆の指導法の底に「選手のため」。<Number Web> photograph by JMPA

日本シンクロ界を見事に復活させた井村雅代コーチ。彼女の手腕は、何よりも結果が雄弁に物語っている。

自分の名誉や欲ではなく、すべては選手のために。

 手がける選手に結果を残してあげたいからこそ、厳しく接する。もっと伸びてほしいから、さらに叱咤する。井上も井村も、「自分のため」、つまり名誉や欲ではなく、選手のためという点では等しい。

 励ましも叱咤も、どのような類の言葉であっても、言葉そのものにあまり意味はない。

 その言葉に力を与えるのは、それを発する者のまなざしにほかならない。まなざしとは、相手への真剣な思いだ。それなくしては、いかにあたたかな励ましを贈っても、選手の心の奥底に伝わることはない。

 井上への感謝を言葉にする選手たち、井村に感謝を伝える選手たち。その関係を築けたのは、井上、井村が選手に向かって全力で送り続けたまなざしにある。

 日本選手団躍進の陰には、そうした指導者たちの存在もある。

関連記事

BACK 1 2 3
井村雅代
井上康生
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ