リオ五輪PRESSBACK NUMBER

「主将として後悔はない」が……。
遠藤航、1次L敗退に噛み締めた現実。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJMPA

posted2016/08/15 14:20

「主将として後悔はない」が……。遠藤航、1次L敗退に噛み締めた現実。<Number Web> photograph by JMPA

五輪代表チームのキャプテンの遠藤と、OA枠ながら全試合出場を果たした興梠。帰国後は、チームメイトとして、浦和で五輪の経験を生かすことになる。

キャプテンとしてやり残したことはなかったのか?

 最後に聞いた。キャプテンとしてやり残したことはなかったのか。

「キャプテンとしての後悔はないです。理想のキャプテン像はあるけど、自分にできることを考えてやることが大事なんで。プレーでポジティブにもっていくとか、ナイジェリア戦やコロンビア戦ではそれをキャプテンとしてある程度見せられたと思う。ただ、個人的には絶対的な選手じゃないけど、世界でも存在感のある選手になるためにはもっと努力が必要だし、この経験をムダにしてはいけないと思っています。でも、まだまだやりたかったですね……」

 遠藤は、そう言って主将としての最後の仕事を終えた。リュックを背負った少し重た気な後ろ姿からは、キャプテンとして様々なことを飲み込んで自分の中に封じ込めた「男はつらいよ」的な辛苦がほんのりと漂っていた。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
遠藤航
塩谷司
藤春廣輝
手倉森誠
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ