ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

マルセイユ移籍の酒井宏樹を直撃!
「26歳、上に行けるか今が勝負の時」 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byYusuke Mimura

posted2016/08/03 11:30

マルセイユ移籍の酒井宏樹を直撃!「26歳、上に行けるか今が勝負の時」<Number Web> photograph by Yusuke Mimura

名門マルセイユ復活の期待が、酒井宏樹には託されている。ドイツで培ったサイドバックとしての能力を活かす時だ。

町で早くも声をかけられる注目度の高さ。

――これからは、日本人選手がフランスでプレーする道を切り開いていきたいと?

「やっぱり、ブンデスリーガではハセさん(長谷部誠)たちが積み上げてきたものがあって、そのあとに篤人くん(内田)や真司くん(香川)がその先の道を切り開いて、その後キヨくんや僕が入って行けたわけじゃないですか。そういった人たちの存在がすごく大きかったので、僕もそういう覚悟をもって、やらないといけないと思っています」

 このインタビューが終わったあとにも、酒井はレストランのお客さんから一緒に写真を撮ってほしいと頼まれ、彼のニュースを新聞やTVで目にしたと話しかけてくる人もいた。町の人の期待を一身に受けるのが、このクラブでプレーする選手の名誉であり、宿命なのだ。

 マルセイユを取り巻く状況について、酒井は驚くわけでもなく、恐れるわけでもなく、丁寧に説明してくれた。その表情には、なんともポジティブな空気が漂っていた。まだ何かを成し遂げたわけではない。ただ、そうしたポジティブな空気こそが、成長するために酒井が求めてきたものなのだろう。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
酒井宏樹
ハノーファー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ