オリンピックへの道BACK NUMBER

水泳・入江陵介のスタイルは不変。
「普通」のままで世界と戦い続ける。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byJMPA

posted2016/07/26 11:30

水泳・入江陵介のスタイルは不変。「普通」のままで世界と戦い続ける。<Number Web> photograph by JMPA

4月の日本選手権で入江は200メートル背泳ぎを制した瞬間、表情を崩すことはなかった。

「自分の泳ぎに集中していくことができれば……」

 ときに、ただ感心するしかないほど強靭なメンタルや、特異な精神力を持っていると感じるアスリートがいる。

 入江は決してそうではない。それでも、世界の第一線で戦い続けてきた。大きな注目を集め、プレッシャーもかかる中で、オリンピックや世界選手権のメダリストとなった。

 何度も気持ちを揺さぶられながら、壁や挫折を懸命に乗り越えてきて結果を残してきたこれまでがある。それは入江ならではの強みであり、財産でもある。

 2016年は、決して順調に過ごしてきたシーズンとは言えない。しかし、これまでの豊富な経験に培われた土台がある。

「自分の泳ぎに集中していくことができれば、可能性は見えてくると思います」

 3度目の大舞台を見据える入江は、7月18日、日本を発った。
 

関連記事

BACK 1 2 3
入江陵介
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ