Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<10代が挑むオリンピック>
背泳ぎ・酒井夏海「のびしろは無限大」 

text by

田坂友暁

田坂友暁Tomoaki Tasaka

PROFILE

photograph byTakao Fujita

posted2016/07/29 09:00

<10代が挑むオリンピック>背泳ぎ・酒井夏海「のびしろは無限大」<Number Web> photograph by Takao Fujita
代表選手団で最年少ながら、常に結果にこだわる姿勢を貫く。飛躍の可能性は十分だ。

「のびしろ」という言葉の答えは彼女にある。

 6月、五輪本番に向けた強化合宿を兼ねて、競泳欧州グランプリに参戦した日本代表選手団最年少の酒井夏海(スウィニ南越谷)。今年15歳になったばかりの中学3年生ながら、身長174cmの長い手足を生かした泳ぎが魅力的な大型スイマーだ。


 6月8、9日のフランス・カネ大会に出場した酒井は、100m背泳ぎで1分00秒94の2位に入る。翌日、スペインに移動して迎えた11、12日のバルセロナ大会。ここでも100m背泳ぎは1分00秒91とまずまずの記録で3位表彰台を獲得した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1266文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

酒井夏海
寺川綾
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ