F1ピットストップBACK NUMBER

ハミルトンの狂暴なコメントの陰に、
アイルトン・セナの言葉を感じた日。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byMasahiro Owari

posted2016/07/18 07:00

ハミルトンの狂暴なコメントの陰に、アイルトン・セナの言葉を感じた日。<Number Web> photograph by Masahiro Owari

オーストリアGPが開催されるレッドブル・リンクの回廊にて。セナのパネルの前で、その名言を聞くことが出来る。

「2位や3位を目指してレースする者などいない」

 セリフは、さらにこう続く。

<レースとは最速の者を決める競争であり、勝利こそがすべてだ。2位や3位を目指してレースする者などいない。もちろん、状況によっては優勝することが困難な場合もあるだろう。しかし、少なくとも私はどんな状況でも勝利を目指してレースに挑んできた。賛成しない者もいるかもしれないけど、これが私のレース哲学であり、このことを常に自分に問いかけてレースに臨んでいる>

 オーストリアGPの接触から7日後、ハミルトンは地元イギリスGPでも勝利した。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ルイス・ハミルトン
ニコ・ロズベルグ
アイルトン・セナ
アラン・プロスト

F1の前後のコラム

ページトップ