スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

過去のデータを覆し続けるイチロー。
42歳で果たした「V字回復」の裏側。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/07/03 11:00

過去のデータを覆し続けるイチロー。42歳で果たした「V字回復」の裏側。<Number Web> photograph by AFLO

2010年を最後に打率3割には届かずにいるが、今年はここまで3割をゆうにこえて3割4分の高打率を残している。

動体視力が衰えるはずの年齢で四球を増やす驚異。

 イチローは年齢的なバイアスから、40歳のシーズン、ヤンキースで出番を減らされた。打順も下位を打つことが多かった。

 マーリンズに移籍した41歳の昨季、前半戦は好調だったものの、シーズン終盤に失速して、打率は2割2分9厘にまで落ち込んだ。さすがに限界説が出てもおかしくはない。

 しかし今季、イチローは再生した。

 打率、出塁率、OPSで同じ年齢のローズを大きく上回っている。特筆すべきは三振と四球の比率で、イチローは16年間のメジャーリーグのキャリアの中で、四球の方が多かったことは2年目の2002年のシーズンしかない。

 比較論でいえば、ローズは三振が少なく、四球が多い「打率尊重」型の打者だった。イチローはとにかくアグレッシブで、安打を積み上げるタイプだ。ふたりは安打製造機でありながら、内実はかなり違う。

 しかし、イチローが42歳という動体視力が衰え出している年齢になって、四球が増えているのは驚くべきことだ。

 おそらく、打席でのアプローチを変えたのだ。

45歳で100安打を打っても、もう驚かない。

 今季の終わりまでを見届ける必要はあるが、イチローは42歳にして「V字回復」を果たしたのであり、今後どのような数字を残していくのか、予想がつかない分、楽しみである。

 少なくとも、ローズは43歳、44歳でしっかりとした仕事をしている。イチローも出番がもらえれば、100安打以上は十分に期待できる。そうすれば、通算で3200安打までは到達するのではないか(おそらく3184本のカル・リプケン・ジュニアを超え、歴代14位あたりにまで食い込んでくるはずだ)。

 そして45歳を迎えた時に、イチローはどんな選手でいるだろうか?

「僕は人から笑われるようなことを、達成してきました」

 この選手には常識は通用しない。

 45歳で100安打なんて、冗談だろう? というのがこれまでの常識である。

 しかし、イチローがその数字に到達しても、もう私は驚かないと思う。

関連記事

BACK 1 2 3
イチロー
ピート・ローズ
マイアミ・マーリンズ

MLBの前後の記事

ページトップ