松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

緊張したマスターズ、フツウの全米。
松山英樹が挑む、優勝への「難所」。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph bySonoko Funakoshi

posted2016/06/16 11:30

緊張したマスターズ、フツウの全米。松山英樹が挑む、優勝への「難所」。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

メジャーの優勝候補から優勝者までの距離は、人によって大きく異なる。松山英樹にとってその距離はいかほどだろうか。

どのぐらい高揚し、どのぐらい抑制するのがよいか。

 心技体、とりわけ「心」の部分を、どのぐらい高揚させ、どのぐらい抑制し、どの程度に保てば自分の最高のパフォーマンスを引き出すことができるのか。

 マスターズはいいと思ったのに結果は悪かった。だから全米オープンはあまり意識せず、「フツウの1試合だと思ってやればいい。特別意識して(それで結果が)いいんだったら毎回そうするけど、どっちがいいってこともない」。

 これといった手立てがないからこそ、フツーにやるだけ。コースチェックも綿密にやることばかり考えず、思い切って大胆に開き直る。

「フェアウエイに行ってグリーンに乗っければチェックは要らないので、それを目指したいなと思います。出たとこ勝負です」

 世界の頂点へ続く道の途上には「試行錯誤」という名の難所があるらしい。かつてデイはその難所で何度も悔し涙を流した。松山は、その難所をどうやってクリアするだろうか。

 今日から始まる全米オープンで、その答えを見せてくれるはずだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松山英樹
ジェイソン・デイ

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ