テニスPRESSBACK NUMBER

全仏オープン支えるロンジンの誇り。
テニスを通して世界の子供達に夢を!
~ファン・C・カペリ副社長の提言~ 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byLONGINES

posted2016/06/10 11:30

全仏オープン支えるロンジンの誇り。テニスを通して世界の子供達に夢を!~ファン・C・カペリ副社長の提言~<Number Web> photograph by LONGINES

フューチャーテニスエースでのトーナメント抽選会場にて。左から2人目がカペリ副社長。続いて、S・グラフ、A・サンチェス。

全仏オープンだけでなく、多くの大会を長年支えてきた。

 グランドスラムはもちろん、他のATPやWTAの大会はそれぞれ有名時計メーカーとパートナーシップを結んでいるが、このように国や地域の枠を超えて育成・普及に積極的に長年携わるケースはそう多くない。

 全仏オープン期間中にパリ市内や郊外にコートを特設して行なわれる〈フューチャーテニスエース〉は、年々充実度や認知度を高めてきた。

フューチャーテニスエースで優勝したマリア・ドロレス・ロペス・マルチネス(スペイン)。

「まずは7回目の開催を迎えたことに意義があると思います」とカペリ氏。

「各国のテニス協会や関係者のご理解やご協力もあり、ますますレベルの高いトーナメントとなってきました。もちろんこれまでの大会の内容や結果、そしてメディアやテニスファンだけでなく全仏オープンに関心を寄せる人々の注目もあって、このプログラムが続いているのだと思います。全仏オープンのタイムキーパーとしてプロ選手をサポートするだけでなく、子供たちの『明るい未来』をシンボルに、これからも続けていきたいと思います」

LFTA出身選手が徐々に活躍し始めている。

 今年で7回目ということは、初期開催の頃の出場者は20歳前後という年齢に達している。彼らのその後、特に毎年優勝者には16歳になる年まで毎年奨学金が贈られるだけに、どのようなプレーヤーになっているのか、成功例を知りたいところだ。

 今年の全仏オープンジュニアにおいて、男子シングルスで優勝した地元フランスの17歳ジョフレイ・ブランカノウは、フューチャーテニスエース初開催の2010年の出場者だ。この活躍で世界ジュニアランキングは7位に上昇した。

 日本の例を見ると、4年前のフューチャーエースで準優勝した16歳の荒川晴菜が、昨年ジュニア界で最高の格にカテゴライズされる大阪開催の『世界スーパージュニア』のダブルスで優勝するなど着実に力をつけている。

【次ページ】 単にテニスが強くなれば良い、という支援はしていない。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ファン・カルロス・カペリ
清水綾乃
加藤智子
荒川晴菜
ジョフレイ・ブランカノウ

テニスの前後のコラム

ページトップ