セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

本田圭佑の目から「熱気」が消えた。
“腐ったミラン”で過ごす覚悟は? 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/05/17 17:00

本田圭佑の目から「熱気」が消えた。“腐ったミラン”で過ごす覚悟は?<Number Web> photograph by AFLO

ローマ戦でも、本田はチームの誰よりも走り続けていた。しかし、明らかにその表情はこれまでとは異なっていた……。

残された現役の数年間をここで過ごす覚悟はあるか。

 ミラノへ来て以来、グラウンドの外ではどんなにクールに振る舞っても、グラウンドの中の本田は熱かった。その熱量が、監督交代を境に、急速に萎んでいるように思えてならない。

 ひと月もしないうちに、本田は30歳の誕生日を迎える。腐敗し切ったミランの再建に、残された現役生活の数年間を捧げる覚悟はあるだろうか。己のサッカー人生の意義を、ロッソネロのユニフォームになお見出すことができるのだろうか。

 沈黙を貫く本田は、コッパの決勝戦でも先発出場するはずだ。

 ローマ戦の後半、大敗を避けようとしたブロッキは本田を右サイドハーフに動かし、オーナーが嫌った4-4-2へスイッチした。主人の命に逆らってでも、汗かく選手を重用する形で現実的に挑まなければ、最強ユーベとの試合で屈辱的な大敗を喫することが目に見えているからだ。

 3シーズン分の疲弊と失望はあっても、本田は自問の果てに、プロとして最後の燃料を絞り出すだろう。

 舞台はローマのオリンピコだ。激動のシーズンのラストゲームで、本田が出すアンサーを待ちたい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
本田圭佑
ACミラン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ