Number ExBACK NUMBER

小野伸二が語る“運命を変えた一戦”。
「プロサッカー人生でピークは……」 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byYoichi Nagano

posted2016/05/12 07:00

小野伸二が語る“運命を変えた一戦”。「プロサッカー人生でピークは……」<Number Web> photograph by Yoichi Nagano

2014年から北海道コンサドーレ札幌に所属している小野伸二。天才少年と呼ばれた男はいま36歳になった。

「またもっとうまくなっていきたい」

 北海道コンサドーレ札幌での3シーズン目、けがの影響で出遅れたが、小野は練習場に元気な姿を見せていた。

 ボールを使った練習になると、より「小野伸二らしさ」が輝きはじめる。

 練習場を借りてポートレイトを撮影しながら、リフティングをやってほしいとカメラマンが頼むと、ニコニコしながらボールを宙に蹴りはじめた。ボールは小野の分身のように、足、膝、頭、肩を跳ねまわる。

「一生リフティングだけやってるだけでいいと言われたら、オレ、もっとうまくなりますよ」

――今でもまだ、フィリピン戦の前の感じには戻れないですか?

「もう、あまり考えないようにしてますね。べつにもう、どうだったっけなって。ただ、いつがピークだと聞かれれば『あのときだ』って、今でも言えるぐらいだけど……」

──じゃあ、そこももう目指してない?

「そうですね。今はまた新たに『うまくなりたい、またもっとうまくなっていきたい』というのは感じますね」

 天才少年も36歳になった。

 久々に間近で見る小野伸二の顔には、うっすらと髭が生えていたが、少し白いものが混じっているようだった。それでも、ボールとたわむれる姿は、変わらぬ少年のようだった。

 ニッポンの至宝がどのような足跡をたどったか。本人へのロングインタビューと関係者によって明かされる、知られざる小野伸二とは。12ページにおよぶノンフィクション、「小野伸二 36歳のサッカー少年」は、NumberPLUS「スポーツノンフィクション2016 運命を変えた一戦。」に収録されています。
スポーツノンフィクション2016運命を変えた一戦。The Fateful Day
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小野伸二
オリンピック・パラリンピック

Jリーグの前後のコラム

ページトップ