ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

「出すぎた杭」松山英樹が変える物。
五輪の報酬と、不評の5試合ルール。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/04/22 07:00

「出すぎた杭」松山英樹が変える物。五輪の報酬と、不評の5試合ルール。<Number Web> photograph by AFLO

猛烈な追い上げを見せ、2打差で終えたマスターズ3日目。松山英樹は、いつビッグタイトルを手にしてもおかしくない位置にすでにいる。

松山英樹への期待感が、日本ゴルフ界を変えていく!

 この規定について、青木新会長の言及は現在のところない。しかし今年、マスターズを訪れた青木の目にも、松山の戦いぶりはしっかりと刻まれていた。

「我々が行ったときよりも(全長が)500~600ヤードは長かったな。あのコースに対応できる日本の選手を作っていかなきゃいけない。遼はケガをしていま日本に帰ってきているけれど、松山のような選手が6、7人出てくると良いね」

 最終日の優勝争い。敗因については「(終盤の)パッティングが、勝ちを意識したときのストロークになったのかなと見えた」と私見を語る。

「意識しないのは無理。(松山も)人間ですよ。あなたたちだって『これが入ったら(ハーフ)30台だ』と思ったら、ビビるだろう? 勝ちを意識してもできるような精神状態、ゴルフを組み立てられるかが課題でしょう」

 何度も「本人に聞いてみないと分からないけどね」と念を押す様子からは、孫ほどの年齢差がある松山へのリスペクトが感じられた。

 今後の日本ツアーと松山個人との関わりについては「できることなら(日本に)帰って何試合かやってほしいと思うけれど、それは本人が決めること」と踏み込まず、「松山くん以外の選手の中から、『日本ツアーは任せなさい』というこれからの選手が出てくれば万々歳。そういう選手を育てたいと思う」と国内の選手たちに意識を向ける。

 青木新会長は今年のツアーに「人を育む」というスローガンを掲げた。オーガスタから戻り「それに尽きると思う」と改めて言った。

 近いうちにメジャーで、五輪で、タイトルを、メダルを取るかもしれない――。

 周囲の期待が反映されるのは、何もテレビ視聴率といった数字だけではない。松山の活躍は刺激的だ。本人が「なんにも変わらない」と口にしてみたって、こちらの反応と動向は刻一刻と変化しているのである。

国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!
「ゴルフダイジェスト・オンライン」   http://news.golfdigest.co.jp/

コメントする・見る

関連コラム

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松山英樹
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ